税理士・杉山会計事務所/FAQ

町田市の税理士/杉山会計事務所 町田,相模原,横浜を中心に顧問税理士・会計事務所として開業・設立から会計・決算・税務・申告まで企業を総合的にサポートします。


 町田市・相模原市・横浜市の開業・設立・会計・決算・申告・相続等のご相談なら

HOME > FAQ

inquiry.gif FAQ

【法人会計・税務関係】

Q1. 経理についての経験がないので、記帳の方法がわからないのですが、ご指導いただけますか?

A1. 記帳指導も顧問報酬の中に含まれていますので、ご安心下さい。
当会計事務所では、パソコン会計ソフトによる記帳をお勧めしています。正規の簿記の原則にしたがい、毎日の記帳ができるようになるまで、責任をもってご指導致します。現在手書きの場合でも、もちろん構いません。

Q2. 現在、帳簿を手書きで記帳しています。経理事務の負担を考えIT化したいのですが。

A2. 当会計事務所では、貴社の帳簿組織・経理内容等や予算をお聞きし、会計ソフトや給与計算ソフト・販売管理ソフト・手形管理ソフトなど貴社のシステムに合ったIT化を提案します。もちろん操作等のサポートも致します。

Q3. 仕事が忙しいので記帳する暇がありません。領収証や請求書などの資料をお渡ししますので、全部記帳していただきますか?

A3. 基本的な帳簿として現金出納帳や預金出納帳があります。現金については、預金と違って毎日の残高が当事務所では把握できません。すくなくとも、現金出納帳だけは貴社にて記帳し、毎日の現金残高の記録を残して下さい。その他の帳簿については、資料さえあれば記帳可能です。

Q4. 毎月の記帳は当社でやりますので、決算だけ依頼できますか?

A4. 基本的に法人の場合は、決算のみというのはお受けしていません。つまり、決算業務にはその決算申告についての責任があり、その責任を果たすには、その事業期間のすべての取引や仕訳をチェックする必要があります。その作業を追行するには膨大な時間と労務がかかります。経営者にとっても毎月の経営・財務状況を把握したり、決算対策などを考慮すると、毎月帳簿の監査月次決算などが必要になってきます。但し、決算間際で今回初めて依頼される場合や、開業後あまり経過していない場合又は特に小規模な場合は、お引き受け致します。ご相談下さい。

【個人事業関係】

Q5. 個人で不動産賃貸業をはじめたのですが、届出はどのようなものが必要ですか?

A5. まず、開業届出書を税務署へ提出して下さい。又、開業後2ヶ月以内でしたら、青色申告承認申請をすることをお勧めします。青色申告とは、毎日の取引を正確に記帳し、その帳簿に基づいて正しく所得金額や所得税額を計算して、申告する制度です。税金の計算を行う上で、青色申告特別控除など、いろいろな特典が受けられます。当会計事務所では、この制度の要件である記帳が出来るよう記帳指導もサポートしています。
尚、その業務の規模・内容によって届出が必要となるものがありますので、詳しい内容をお知らせいただくか、若しくは国税庁ホームページをご参照下さい。税務署への各種届出書等は、国税庁ホームページの「税務手続きの案内」からも入手できます。

【その他】

Q6. 銀行に融資の申込をしたいのですが、相談に乗っていただけますか?

Q6. 当会計事務所では、顧問契約に基づいて、毎月の経理処理を行い会計・財務等の資料を作成しています。通常の融資のご相談・コンサルティング及び申込に必要な会計・財務等の資料の作成も顧問報酬の中に含まれています。

Q7. 顧問報酬について、詳しく教えて下さい。

Q7. 当会計事務所では、お客様の年間売上高等に応じて、独自の標準報酬額を定めています。これに、お客様の個別的事情を勘案し、お話し合いのうえ報酬額をお見積りさせていただいています。まずは【お問合せ】又は【お見積り依頼フォーム】に必要事項をご記入のうえ、ご連絡下さい。無料にてお見積り致します。

Q8. 契約までの流れはどうなりますか?

A8.
1.【お問い合わせ】又は【お見積り依頼フォーム】にて事業内容・規模等をお知らせ下さい。
2.お見積書をメール又はFAXにてお送り致します。
  ご不明な点・ご要望がありましたら、メール又は直接お会いしてお話をお聞きします。
3.お見積り内容にご了承いただけたら、貴社にお伺いし、契約を取り交わします。

契約期間は1年(1事業年度)で、以後は特に申し出がない限り自動更新とさせていただきます。お客様からの解約については、2ヶ月前にお申しいただければご解約できます。